ふたご座流星群




素晴らしい星空の中、ふたご座流星群を観測することができました。
観測地は栃木県にある旧校舎の敷地で、友人がここでニコ動の「ふたご座流星群の生中継」を行うと聞き、参加しました。
東京から200kmあるのが難点ですが、元校庭なのでスペースは十分広く、東以外は光害も少ないので暗い流星まで見ることができました。
さすがふたご座流星群で、どこを見てもほどなく流星が見えます。個人的な感想ですが、明け方にかけて増加するというより、輻射点が南中するAM2~3時頃が、一番流れた印象を受けます。
ただ、マイナス等級がガンガン流れるような派手さはありませんでした。
ニコ動も盛り上がっているので、スタッフさんも頑張り、結局、明け方の6時まで観測しました。800枚近い画像が撮影でき、約50コマに流星が写っていました。写真は、その内の10コマを比較明で合成しています。 ※ 眠くて・・・10枚で打ち切り
 ※ その後、画像を入れ替えました。 20コマの画像を合成しています。
残念ながら、-4等を超えるような火球は写りませんでした。
帰りは、首都高の渋滞のもろにハマり、4時間半もかかりました。会社は途中出社。眠くて眠くて、業務はボロボロでした。


EOS60Da、Samyang 14mm, F2.8(開放)
ISO6400、20秒露光×10枚(比較明合成)
SKYMEMO-R(改造)で自動追尾


EOS40D、TAMRON 17~35mm(17mm), F2.8(開放)
ISO1600、20秒露光、固定撮影

コメント