4月14日(JST)の火星

火星が続いています。太陽撮影したいのですが、望遠鏡用のプレートを車に載せたまま車検に出してしまったので、今週末まで機材が組めません。
この日は火星が最接近する日です。22時頃から撮影できたのですが、その時点ではシーイングはあまり良くありませんでした。日付が変わったあたりから好転し、30分ほどの間、良好な条件に恵まれました。今回は、RGB画像をLRGB画像程度までコントストを上げてみました。


コメント

米山誠一 さんの投稿…
14日、夜半過ぎにシーイングが良い時があったのですね。
早々に諦めて失敗でした。
業務が一段落された様で撮影できる日が多くなり良かったです。
車検、かなり時間がかかるのですね。
私が使っているデーラーだとその日の内に車は戻って来ますよ。
@hasyama さんの投稿…
ヨネヤンさんへ
30分程度ですが、揺れがかなり収まりました。直近では、Blue画像が一番安定した日です。
業務の残は、だらだらとありますが、出張が減ったので助かります。1回行くと、週の半分は終わってしまいますから。
車検は、もっとだらだらしていますね。車検そうですが、中古で買ったので、ランプの照度低下の不具合修理。大雪の日に、雪に隠れたポールを引っ掛けてしまい、板金もプラスなどetc・・・
週末は、太陽望遠鏡の復活をする予定です。
ひろぽん さんの投稿…
こんにちは。

相変わらず、しっかりと写真として仕上がっていて凄いです。

こんな風に撮影も含め画像処理でき有ればいいなぁ。自分の
地域もシーイングは良かったのですが処理すると絵っぽくな
って残念でした。
@hasyama さんの投稿…
ひろぽんさんへ
惑星画像を処理した結果、写真というより絵画みたいなってしまうのは、私も同じです。コントラストの加減一つでも変わるので、難しです。
目下の悩みはリムの2重化ですね。処理を抑え目にしているのですが、それでも出てしまいます。細工して目立たなくすることはできるのですが、観測画像としては抵抗あるので。でも、悩んでいうちに、火星のシーズンも終わってしまいそうですが。