9月2日(JST)の太陽


久々に自宅でHαを撮影しました。シーイングもそこそこなので、ずーっと放置していた新機材をようやくテストすることができました。
口径15cmHα用アクロマート鏡筒です。一般のアクロマートの設計波長とは異なり、Hα線を基準に設計されているようです。まあどれだけ効果があるのかは不明ですが、とりあえず画像が見るに堪えない・・・てなことにはならなかったのでホッとしています。私のことなので、ぼちぼちペースで素行調査をしていくことになるでしょうか。
今回の画像は、この筒をベースに、以前作成したPSTのエタロンを使ったStage2改造仕様です。前回のBorg125SD(口径絞り75mm)で構成した時よりムラが大きく、端の方はまったく使いものになりません。エタロンの配置がよくなかったのでしょうか? ちょっと気になります。
  ※ 下の画像が、ほぼ全景。上は切り出しています。

2016/09/02 AM08:10:09(JST) + 30sec
ISTAR Optical 150mm(F10) H-Alpha 
PST Etalon (<1Å) + 150mm Yellow Filter + BF10 BF15でした(9/3訂正)
CM3-U3-13Y3(B/W)


シルバー鏡筒に見えますが、納品時は黒色でした。「太陽望遠鏡で黒はないだろ~!!」ということで、厚手のアルミ箔を購入してグルグル巻き付けました。私にしては、頑張った方です。 (^_^)v


コメント

米山誠一 さんの投稿…
15cmHα用アクロマート鏡筒、口径も大きくHα仕様とは、凄そうで面白そうな鏡筒ですね。
駐車場の屋上で撮影されたのですね。これで冬場の太陽も、低高度の火星や土星も問題なしでしょう。
撮影された画像、周辺部の様子が、私の改造P.S.T.と似ています。
800mm直焦点の太陽像は7.2mmなのにP.S.T.のブロッキングフィルタは5mm、周辺部はケラレるのでボケてしまいます。
庭先ではなく駐車場屋上天体写真家さんならそんな間違いは無いと思いますが参考までに。
@hasyama さんの投稿…
まぁ入手過程で、色々と問題の多かった筒ですが・・・(^_^;)
現時点でも、光軸等に問題がないかやや懐疑的です。こんど星を見てみます。
ちなみにBFは15mmでした。BF10と書きましたが焦点距離が1500mmなので、BF15にしています。以前BORGで撮影した方がムラが少なかったのですが、750mmに対してBF10だったので余裕があったのかもしれませんね。今回は1500mmに対しBF15ですから、まったく余裕がありません。そのあたりが影響しているのかも。
これ以上大きいサイズだとBF30かな? BF20がちょうどいいのかもしれませんが、無さそうです。価格は超ビックリ! しばらくは無理そうです。
ibuki05006 さんの投稿…
こんな感じでやっていてんですね。鏡筒の感じからするとさすが15cm、フロントヘビーなのですね!
@hasyama さんの投稿…
長岡君へ
こんな感じでやっています。ご近所の視線が、日差しより強烈です・・・(^_^;)
ちなみにご指摘のとおり、フロントがめちゃ重いですね。AP155と比較してもかなりの違和感があります。
屋根が無いので、しばらくは出し入れが大変。ニッシンからの連絡はまったくないし、困ったもんです。