週末の惑星


久々に惑星を撮影しました。月惑メンバーの画像を見ると、日曜日が比較的シーイングが良かったみたいです。私も望遠鏡のカバーを開けて、昼間から準備していたのですが、嫁さんと一緒に映画を見て、温泉(東名の万葉の湯)に浸かって、マッサージして、一杯、二杯と飲んだくれているうちに、外では、なんと!!雪が降っていました。(´;ω;`)
慌てて家に帰って望遠鏡を撤収。何をするでもなく、その日は終わりました。この画像は、次の日に撮影した木星です。それでも、この時期としては良い方でした。南の高緯度に暗斑が見えます。


話変わって、土星は頑張りました。夏場の木星・金星の撮影を思い出すような、土・日・火曜と連チャンの早起。しかし、ここで誤算がありました。土星の高度がこんなにも低いとは。隣家の屋根から顔を出すのがAM4:45頃からで、その上3夜とも酷いシーイングです。目で見てもピント位置がまったく分かりません。激しく揺らぐ土星の姿に、気力が↓。 RGB合成する気力が湧いてこないので、なんとかなったIR画像だけ載せておきます。しばらくは、我慢の日々でしょうか・・・

コメント

米山誠一 さんの投稿…
日曜日はご家族へのサービスデーでしたか。それなら木星撮影より優先は当然ですね!
今週はジェット気流の中心が南に去っているので、気流が安定しています。
28日は前夜と比べるとシーイングは悪化した感じですが、それでも詳細な木星画像、相変わらず凄いですね。
その山崎さんをしても低空の土星は難しいのですね。私は端から諦めています。
@hasyama さんの投稿…
ヨネヤンさんは、相変わらず精力的な活動をしていますね。
土星は、ホントにがっかりでした。調べてみると、年を追うごとに高度が低くなるので、来年以降は、自宅からの撮影がほぼ不可能になりそうです。
これは、庭先天文台を作れという神のお声でしょうか? 年末ジャンボが当たっていれば・・・