6月5日の土星


季節感はすでに夏ですね。梅雨の気配がまったくありません。でもシーイングはイマイチの状態が続いていますね。6月8日も撮影をしたのですが、これがもうぐにゃぐにゃで、早々に撤収しました。
この画像は5日の撮影です。透明度が悪く、通常の倍近い露出をしています。

コメント

RB星 さんの投稿…
こんばんわ ひとつ質問があります。
新しいCMOSカメラはローリングシャッターですが、惑星撮影に与える影響はどうでしょうか。
 最近のスタックソフトのマルチポイントアライメントを使えば影響は少ないのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。
米山誠一 さんの投稿…
CMOSのASI120MMも惑星撮影に適している様ですね。
5日の夜、こちらでは肉眼で土星が確認できない曇り空でした。
僅かな距離ですが、空の状態は結構違うのですね。
明日はやっと梅雨らしく雨が降る予報。晴れて欲しいけど雨も欲しい、微妙な気持ちです。
@hasyama さんの投稿…
RB星さんへ
ローリングシャッターの件ですが、影響の具合をテストしたことはありません。シーイングが良くない日は、それなりの影響があるとは思いますが、シーイング自体が良くないので、どの程度影響するかは不明です。
まだ数回の使用ですが、処理した感触では特に違和感は感じませんでした。同じピクセルサイズのCCDカメラがあるので、今度テストしてみます。
@hasyama さんの投稿…
ヨネヤンさんへ
ASI120MMですが、惑星もきちんと撮れます。ローリングシャッターの件が気になっていましたが、今のところ極端な悪さをすることは無さそうです。個人的には、Blakflyの方が気に入っているのですが、こと土星に関しては、拡大率の関係でこのカメラが適しています。
B画像までびしっと解像する日が皆無なのが、残念です。