5月24日の太陽


この日は、比較的明るめのプロミネンス3つ4つ見えました。右上の画像は、光球面に露出を合わせた左の画像から、プロミネンスと光球面を分離し、別々に処理したものを再度合成しています。プロミネンスが明るいと、露出アンダー部分をここまでも持ち上げることができます。左下の画像は、最近流行りの太陽面をネガで表現した画像です。黒点が明るく表現されます。誤解を招く画像にはなりますが、太陽表面の様子がより立体的に見えるのがメリットでしょうか。この手の画像を有名にした?本家の方の画像をリンクしておきます。

CORONADO Solar Max II 60 BF10 + Kasai 2x
PGR製CCD BFLY-PGE-09S2M-CS(B/W)で撮影

右下のみ
BORG 125mmSD、Daystar-ION (0.7Å)
Powermate 4x, BFLY-PGE-05S2M(B/W)で撮影

コメント